丸いまな板

木の丸いまな板をずっと探していました。でも、探すと案外見つからない。そこで地元、大五木材さんにお願いしてオリジナルのまな板を作ってもらいました。

サイズは30cmと23cmの2種類で、どちらも厚みは3cm。まな板として重すぎず、軽すぎて動いてしまうこともありません。大きなまな板を出すまでもないシチュエーションには23cmがおすすめです。こちらの材質は青森ひばのみになります。

また、丸いまな板は野菜を切りながらくるっと回して、匂いの強いものや生ものを新しい面で切ると、毎回洗わなくても良いし、場所もとらないので、狭い調理台の上で重宝します。

なにより木のまな板は包丁の当たりがやわらかく粘りがあって刃物を痛めませんし、切っている自分の手もくたびれません。 

木のまな板は使用前に水に濡らしたあと、布巾で拭いてからご使用ください。また、肉や魚を切った後は、お湯ではなくかならず水で洗ってください。束子などでよく磨き、しっかり乾かすことをおすすめします。

長く使用してできる刃傷や汚れは、削り直しで新しい面を出す事ができます。削り直しは当店にて対応いたしますのでお問い合わせください(別途料金必要)。

*2枚目の写真は約2年使用した様子

イチョウ(銀杏)
長寿で生命力が強いとされているイチョウは、材に最適な粘りと弾力があり、包丁の刃を痛めず、耐水性もあります。木屑が出ないことからまな板に最適な材の一つと言われています。

ホオ(朴)
ホオは、水によく耐え、刃物を痛めないことから、まな板の素材の定番として知られています。匂いもほとんどなく、食材に余計な匂いをつけることもありません。

青森ひば
木曽檜、秋田杉と並んで日本三大美林の一つ。ヒノキチオールという芳香物質を含んだ爽やかな香りと腐食に強い対朽性が特徴。

あなたへのおすすめ

あなたのカート

お問い合わせありがとうございました。できるだけ早くご返信いたします。