インドの刺し子布「カンタ」

人間の手技、仕事の気配を感じる布に惹かれます。

インドで何百年も昔から作り伝えられてきた手刺繍=Kantha Chikan Tepchi。カンタとは刺し子のことで、さまざまな古いサリーを何枚も重ね合わせ、ハンドステッチを施すことでベッドカバーなどに再利用されてきました。

専門の職人さんたちが長い間技術を守ってきましたが、現在は機械化が進んで、手仕事は減ってしまい、職人さんの数も年々減っているそうです。

このヴィンテージカンタは、一針一針刺す丁寧さと、人の営みのおおらかさを感じます。これからも続いていって欲しい魅力的な布製品です。

*ご商品はすべて手作りのため、サイズ、色、柄などに個体差があります。
*コースター、ランチョンマット、ポーチ、ティッシュカバー、ベッドカバー、様々な商品をご用意しております。ご注文前に店舗までメールまたは電話にてお問い合わせください。

あなたへのおすすめ

あなたのカート

お問い合わせありがとうございました。できるだけ早くご返信いたします。