中田窯の茶碗

愛媛県砥部町で作られている砥部焼。江戸時代、逼迫した藩の財政をなんとか立て直そうとした大洲藩の九代目藩主、加藤泰候の命で、砥石を作る際に出る石屑を再利用して作られるようになりました。

砥部町の中心地から山あいに入った旧・広田町に中田窯はあります。中田さんの作る砥部焼は少し艶消しの釉と、やや厚手でしっとりした重量感があり、白磁に映える呉須柄絵の素朴さは使い易く、生活が楽しくなります。
絵柄は中田さんが長年収集された貴重な資料や、目に留まったものなどを参考にして図案化されているそうです。伝統的でありながら古びない、どこかかわいらしいデザインが中田窯の魅力でしょう。

電子レンジ、食洗機使用可。

<ご購入に関して>
なお、中田窯の商品はすべて手作りのため、同じ柄の器でもひとつひとつ微妙にサイズ感や形状、色彩などに違いがあります。
そのため、お問い合わせいただければ、在庫分の写真をメールで送らせていただき、対応させていただく形になります(近々、個別の商品ページも用意する予定です)。
ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いします。

あなたへのおすすめ

あなたのカート

お問い合わせありがとうございました。できるだけ早くご返信いたします。